bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

巻かれたもの

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203033j:plain

 

2010年4月中旬に 制作をした

日本フラワーデザイナー協会(NFD)の応用編。

仙台市内にあります FREAK ART フラワーデザインスクールの

田宮先生より 教えて頂いたものです。

 

当時レッスンをしました 巻かれたも の画像は

ありますが NFDの生徒様と変わりのない花材を

使って 制作しておりますので かぶりますから ここでは控えます。

 

どうして 巻かれたものを制作したかというと

当時、担当してました フリーペーパー雑誌に

NFD理論を取り得れた作風を 掲載する事、出来ないかと

考えていたら無性に 何故か 巻かれたものを 制作してみたくなって

田宮先生に 1 day レッスンを受けたのでした。

せっかくですから4作品を 勉強させて頂きました。

NO.1 並行ー植生的

NO.2 巻かれたもの

NO.3 交差

NO.4 構造的・ブーケ

この中で さすがに1回でのマスターは 無理と思ったのは 交差でした。

理論的には 理解 出来ましたが 制作は とても難しかったです。

でも 田宮先生は テキパキと 制作してましたから

どれだけ勉強して ここまで来たのかと 当時は 圧巻でみておりました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219202922j:plain

 

1回目の巻かれたものは NFDの指定の花材で しっかりしたスタイルを

制作しましたから 2回目のチャレンジとしては

僕の好き勝手な 判断ではありましたが キュウイのツルを7割型程、白く塗り。

そのツルを 2日程乾かしてから花材選びをしました。

花市場で 花材を 探しておりましたら鉢物のパフィオがありました。

パフィオの根が 白色のキュウイのツルに似ていたので

それを 使おうと思いました。そこに ライトなイメージの

クリスマスローズ・パンジー・スカビオサなどで 構成をしてみました。

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203248j:plain

サイズ幅40㌢×高さ20㌢

 ホワイトオアシスは 画像では解りづらいですが

中心部分を半円形的にくり抜いて立体感をプラスしておりますが

白ですから 画像では 全く見えないですね。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203121j:plain

 

そして フリーペーパーの企画は 母の日のテーマとの事で

今回は こちらを撮影用に 持っていったものの

テーマ的に 難しいと判断され別に 制作していました

紫陽花とカーネーションの茎を見せたアレンジメントが

採用されてしまいました。

しかしながら 僕は 断然! 作風的には

こっちの方が 大好きですから今回、ブログへ掲載させて頂きました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203055j:plain

 

 8年位前の制作ですが 今見ても古さを感じないので 良しとしておきます。

今の僕でしたら 曲線の薔薇を 使って大きな作品を

制作するかもしれません。

 

本日も ご覧頂き ありがとう ございました。

明日は  Tears Drop bouquet を掲載します。

 

ブログ村に 参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

 

GRAN SUITE Pastel Flower

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123514j:plain

 

昨日のつづき グランスイート仙台 2014年11月1日 (大安)・披露宴。

Sizuka Ism  パステルフラワー装花。

ご要望は 丸いグラスを使い茎の枝を見せつつ

色合いは おとなしいパステル系の淡いピンク & クリームイエロー &

淡いパープル&クリーム & ホワイトでいて 豊富に グリーンを使い

とくに丸いダリアを使ってほしいが ご依頼でした。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123538j:plain

 

そこで 僕が 旬のお花のイチオシを使って

優しい パステルカラーに 硬派なグリーンをミックス

可愛いと気品が成立した スタイルを ご提案しました。

 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123605j:plain

 

右からみた全体図のメインテーブルのアングルになります。

右手には 白くて丸いブーケが見えております。

左側には メインケーキが後にセットされます風景の高砂正面。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123446j:plain

 

先ほどの右手側に あったブーケで

イングリッシュローズとレースフラワーで 柔らかさを確保し

清楚な新婦様に お似合いのブーケロンを 制作させて頂きました。

 

花材は イングリッシュローズ・コットンカップ薔薇・レースフラワー・

     胡蝶蘭・木イチゴのみの パリスタイルを 意識しております。

 

その他、パステルカラーの花冠とリストブーケとブートニアの

3点セットも制作させて頂いております。

こちらは 新婦様が ベルローズへ持込されたアーティシャルフラワーで

最後のケーキ入刀シーンでご覧頂けます。

ちなみに 3点セットの手間は サービスで制作させて頂きました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218163524j:plain

 

 こちらは サイド装花、海沿いの山々を歩き 高台に聳え立つ苔松を

探しあて黒松に 手を合わせお礼をし使う本数分だけ 頂いて来ました。

黒松は とても縁起が良く不老不死の象徴とされておりますし

男を表している黒松を 使いたかったのです。

ちなみに赤松は 女松と言われております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123210j:plain 

こちらは メインケーキで お花の後方にケーキがセットされるのですが

このように後ろが透けてますので 小さな森の中で

ケーキを頂いているイメージに 仕上げております。

 また 左右サイドに 同じアレンジメントをセットしていますので

ソフトながら木々を 連想 出来ると考えました。

仙台の定禅寺通に ありますグランスイート様は

並木道に 配置されてますし3階からの眺めはケヤキの木々が

ガラス越しから 伺えます。

杜の都仙台ですから 森と都会をシャッフルしたイメージを 含ませております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123316j:plain

 

僕が 個人的に 好きなアングルで 左から見たイメージです。

ご要望のポコポコグラスが はっきりと伺えますし ゼリーの色は

透明なのですが 後ろのガラスのブルーが差し込んで このように変化しております。

今回のポイントは 大中小の丸いグラスをミックス

言われないと気づかないと思いますが 形を見せる工夫をしております。

また 正面の長さが なんと全長3メートル80センチもあり

実物は 一見リズミカルなのですが よく見ますと迫力と気品が沸いてきます。

 

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123346j:plain

 

 以前、パリの斎藤由美氏に 教えられた裏技をとりいれました。

鉢に 飢えてあるパーセノシッサスシュガーパインの鉢を入手し

現場へ持ち込み 根付近を ハサミでカットし 無造作に サクサク活けております。

丸いブーケは 装飾性がとても強いですから ここへ自然の度合いが強い

鉢物を 使うことで グーンと柔らかさと動きが出るのです。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123246j:plain

 

こちらは 斜めアングル。パステルの色が はっきり伺えます。

色は 淡いピンク・パープル・イエロー・ライトグリーンから入り

そこに 濃いグリーンを入れて優しい色合いに ややパンチを入れて

引き締め効果を 出しております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123416j:plain

 

とても おとなしいパステルを 演じるのは至難の業ですが

上品に出来上がったと感じております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123102j:plain

 

新郎新婦様からの眺めは グラスの中のゼリーがすっかり見えて

一見、氷が入っているのと疑うような 面白さがポイントです。

水だけでは ガラスの引き起こす現象で虫眼鏡的になり

茎の存在価値が 強すぎてしまいますから

強さを押さえるゼリーを使う事で そのままの太さになり

軽やかさを 確保することが出来ます。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218122952j:plain

 

今回は シュガーパインと ロンビフォリア・エレンダニカの葉物を使ってます。

 両者シッサスのブドウ科ですので 相性も とても良いです。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123024j:plain

 

キュッとした丸ブーケを 丸グラスに添えて

ゼリーを使ったことで さらに丸いブクブクが 浮かび上がっております。

また 2種類のブーケを交互に 配置で

1つ目は( エンゼルピーチダリア・ブルーミルフィーユ薔薇・

胡蝶蘭・スプレーウィッドSP薔薇・ロンビフォリアエレンダニカ )

2つ目は( ベンデラ薔薇・セレブイエロートルコキキョウ・

パフィオ・ファンシーローラSP薔薇・シュガーパイン&エレンダニカ )

で 違った丸さをアピールしております。

 

  f:id:bellerose-fleuristes:20180218123625j:plain

 

ゲスト様テーブルの枝や 花の並べ方は

お花のお手伝いスタッフに お願いしました。

とても 素晴らしく上手でした。

 

 花材は ブルーミルフィーユバラ・セレブイエロートルコキキョウ・

    ファンシーローラSP薔薇・シュガーパイン&エレンダニカ

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123854j:plain

 

こちらは 受け付けのカウンターで 後ろの風船と同じで

ライトな 色合いになっております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123814j:plain

 

ホワイトを基準とした清楚な 披露宴 グランスイートの眺め

白色効果で より天井が 高く感じます。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218123921j:plain

 

美男美女の新郎新婦様のケーキ入刀シーン。 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218145525j:plain

 

2015年1月22日に ベルローズ フルリストへ手紙が 送られてきました。

Sizuka さまからでした。やはり手紙は 作者の思いが 伝わりますから

ジーンと来ました! 手紙から お二人の幸せを 頂いたような気がしました。

こちらこそ ご担当出来て とても 感謝しております。 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218163514j:plain

 

仙台の定禅寺通に ありますグランスイート様

 

 

 本日も ご覧頂き、誠に ありがとう ございました。

今後も ベルローズ フルリストが手がけて来た

装花について 詳しく書こうと思います。

以前のブログでは 意味合いはさほど詳しくお話ししませんでした。

どこか もったい ぶっていた 自分がいました。 

 そして最後に 今日のブログで パリに触れましたので

パリの風景を 一枚ですがご覧ください。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180221204811p:plain

 

こちらは オランジュリー美術館の西側から見た風景です。
コンコルド広場が 広がっています。

 そこからは エッフェル塔が チラリしています。

ちなみにですが オランジュリー美術館に入場しまして

Google マップ  睡蓮を見てきました。

 

皆様、ご視聴  誠に ありがとう ございました。

明日は 日本フラワーデザイナー協会 主催の

( 巻かれたもの )を 応用しまして 制作しました作風を 掲載します。

 

ブログ村に 参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。    

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

GRAN SUITE チャペル装花

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093749j:plain

 

昨日は 2回に渡って卒業シーズンのお花達でしたが

今日のお話しは 2014年11月1日に

定禅寺通り GRAN SUITE  グランスイート仙台へ

ウエディング装花した チャペル編です。

実は  2014年5月18日にも こちらの披露宴で

 「  黄色いドレスを引き立てて  」のテーマで 装花した場所でした。

 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093724j:plain

 

この度のご要望は 滴るグリーンとの事。

 シンプルな スマイラックスを 流したミニブーケを制作し

可愛い柄のセロファンとレースリボンをつけたものを

イス サイドへ 計12個をつけております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093810j:plain

 

こちらは 祭壇中央で 新郎新婦様が迎える 場所になっております。

 

花材は クリスタルクリスタルブラッシュカラー・ウエディングホワイトトルコキキョウ・

    エクレールSP薔薇・ポリポジュームにて。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093924j:plain

 

こちらは 祭壇のサイドテーブルで リボンは 長い足のレースにしております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093845j:plain

 

可愛らしい 同じような アレンジメントが3つ並んでいる様子。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218094009j:plain

 

こちらは フラワーガール用のカゴですが 少々アレンジして柔らかさを出だすために

籠をチュールで巻きました。籠を持つ取手部分には 白い羽をつけて

2羽の白い鳩をイメージして飛び立つ様子を演じております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218093952j:plain

 

 グランスイート仙台 チャペル入場 シーン。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218101921j:plain

 

牧師様も 見守っている風景。

 心 打たれました 美しいです。

 

ご覧頂き 誠に ありがとう ございました。

明日は こちらのつづきで 披露宴装花を掲載します。

ご要望は 淡いパステルカラーとのこと。

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に 参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

卒業式のお花達

f:id:bellerose-fleuristes:20180215195006p:plain

 

昨日のお話し同様で 3月に使う卒業式に使うお花達を集めてみました。

こちらは 昨年の3月に 僕がお届けしたお花達です。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180216194924j:plain

 

上記の画像は 男性の先生方への同じものを2セット制作をしました。

サイズは 高さ50cm×幅25cm です。


花材は  グロリオサ・マラクジャ薔薇・バンダ・コデマリ スノーダンスバラ・グレース スイトピー

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180216194846j:plain

 

 サイズ高さ90cm×幅35cm ご依頼は 明るくで 校舎に飾るお花。


花材は  ウエディングマーチカラー・グロリオサ・シンビジューム・クロトン・ユーカリ

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180216194753j:plain

 

こちらは 卒園式で使う花束の同じもの2セット。

20代の女性の先生へのサプライズとして制作をしました。

 

花材は カタリナ薔薇・ラナンキュラス・モモコアルストロメリア・ビバーナム・リゲルカスミ草

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180216194615j:plain

 

 こちらのバラの品種は ベルローズと言います。 

卒園式で使う 子供達から先生へサプライズの1本束となってます。

その他、諸々ありましたが 撮影する時間がなかったので

画像が 少なめになってしまいましたが

当店はこのようなイメージで 毎度、制作させて頂ております。

そして ご注文主様、プレゼントされた側の方々から 大変、喜ばれております。

 

綺麗な お仕事させて頂いていながら 尚且つ皆様に 喜ばれて

本当に ありがたい事ですし贅沢な 職業をさせて頂いている事に感謝です。

皆様にも お花に囲まれて 良い職業ですねとよく言われますが

地味な大工さんをしている 私だから言っている意味よく解ります。

 

明日は 2014年11月2日に グランスイート仙台へ

納品をしました チャペル装花のお話しを致します。

ご覧頂き ありがとう ございました。

 

 にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に 参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

Vanessa Mae

f:id:bellerose-fleuristes:20180216192934j:plain

 

昨日は 仙台ロイヤルパークホテルへのブーケを掲載でしたが

卒業シーズンが ぼちぼち近づいて来ましたので

今日は 中学校へお届けをしました

感謝のアレンジメントを掲載します。

こちらは 昨年、注文されましたアレンジメントで

サプライズとして女性の先生方へ プレゼントでした。

元気が 出る春色のイエロー&ピンク色のイメージに

ワイン色のフリージアインパクトをつけてみました。

ちなみに アレンジメントは全て 同じものでお願いしますとの事。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180216193113j:plain

 

 花材は レモン ラナンキュラ薔薇・スプレー薔薇・レモン ラナンキュラス

           パステルピンク スイトピー・ユーカリ胡蝶蘭・オベロン フリージア

   サイズ高さ36cm×幅23cm

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180216193219j:plain

 

 話しは 変わりますが花でいう 本場のパリスタイルはというと

 パリブーケ特有の色合いのパンチ感であったり

季節にある最高の花材と雑花を組み合わせる効果で生まれる

( ダイヤモンドに石 )みたいな ギャップ感であったり

旬に あるお花選びは もちろんのこと

特に 花材選びは重要で 作風の出来が8割方 決まるとか。

3種類 &3色の搾る事のパリ特有のシンプル選びなど

シンプルな ようで奥が深いパリスタイルなのですが

僕はというと田舎町 特有の色々入れてくださいが

実際には 多いですからパリは あまり語りません。

しかしながら時に おおよそおまかせでしたら

旬のイチオシの洋蘭を使ってスタイリッシュに 制作をさせて

頂いて 喜ばれております。

今回の作風は パリスタイルとは言えるスタイルではないのですが

夏になれば その辺の道端や山々にあります雑花を収集して

お店に あるお花と組み合わせてパリを感じるシャペントルの

ブーケを制作しております。

シャンペトルとは 田舎・田園といったような意味で

田舎風な ほぐれた花束みたいなイメージかな。

 

 僕が 好きな ヴァイオリニスト ヴァネッサ・メイ氏

見た目、素朴で控えめながら 演奏になれば

華やかに 彼女が輝きます。

何故か パリスタイルに近いものを 感じます。

 


Vanessa-Mae plays Toccata & Fugue

バッハのトッカータとフーガニを ヴァネッサ・メイ氏が 弾けば

またイメージが 変わるような気がします。

とても 素敵です。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180215182020j:plain

 

2014年の夏に 撮影しました風景。

フランスパリのエトワール凱旋門、パリの町並みは

建物を大切にする文化特有の変わらぬ 風景。

観光客も多いのですが ただ単に歩く姿も絵になりますね。

スーパーで 買い物をして簡単料理だけなのに

何でも美味しいフランスパリでした。

パリのお話しが出た際には 必ず パリの風景画像を 掲載します。

 

明日は こちらのつづきで 卒業式のお花達を 掲載します。

いつも ご視聴 、ありがとう ございます。

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に 参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

前撮り用・ブーケ

f:id:bellerose-fleuristes:20180214163224j:plain

 

2014年4月17日 Sendai Royal park hotel へ納品をしたブーケです。

ネイビーカラーのドレス用に ぱっと目に飛び込んでくるスタイルになりました。

新婦様の身長を生かして 直径25cmになってまして 大きめに制作です。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162653j:plain

 

こちらは ヘッドで なるべく多めに制作をし あまるくらいに 気配りをしています。

髪の片面に 固めますからこれでも 多いくらいではあります。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162736j:plain

 

こちらは 新郎様のブートニア、僕の得意技、ヘアクリップ・オーナメント付き。f:id:bellerose-fleuristes:20180214162834j:plain

 

こちらは お店で撮影しております。

撮影のポイントは 太陽の光が差し込むように南向きに

白いガラスを おいて固定。

次に 手前に ブーケをおいて 普通に撮影しているだけです。

ガラスは 昭和の頃はどこの家庭でも良く見かけれてた 薄いガラスなのです。

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162928j:plain

 

 こちらは ブーケの横顔です。

扇子が190度、開いたような制作をしてますから

両手が見えないようになっております。

手が見えないようにの制作は 20年前くらいはよくしておりました。

花のスタイルにもよりますが 仮に手がみえても 全体的なイメージが

綺麗ならば 良しとしています。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214165627j:plain

 

また 日本人が 好きなブーケの色は ピンク系が主に人気が高いようです。

フランスパリでは 披露宴のブーケで ワイルド的な

ブラック&白を使った 丸くないブーケも時に 見受けられます。

基本的には 花嫁様が持つブーケは 可愛らしくが無難かと感じますが

時代 時代で お花のデザインも移り変わりますから絶対とは

言い切れないかもしれません。

 

 f:id:bellerose-fleuristes:20180214165826j:plain

 

また カトリックやキリストの教会で

挙式の場合には 美しい装花よりは 絶対ブーケが一番といいます。

装花よりも 何よりもブーケが一番大事ですからと 教会の方から教えられました。

ちなみにですが 教会での挙式の場合には 白が基本で

色を使ったとしても淡いブルーくらいで止めなさいと

とも 教えられております。

 ロイヤルパークホテル仙台階段よりの撮影でした。

 

明日は 昨年3月の卒業式で制作をした

中学校の先生方へのプレゼントを 掲載します。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

伊達イズム

f:id:bellerose-fleuristes:20180212001711j:plain 

先日、お話しをしました花ステーション発行のフリーペーパー

小雑誌 はなの駅から のつづき編。

確か 2009年12月号あたりだったような?

そして会議で 決められたテーマと言いますと

仙台と言えば 伊達政宗公が シンボルですから

伊達イズムをとり得れたアレンジメントの依頼でした。

 

 f:id:bellerose-fleuristes:20180212001535j:plain

 

特集のひとつとして 竹と姫りんごを使った竹アレンジメントを

まず第一に 制作。ポイント的には 姫りんごの木を連想される為に

横へ枝を 釘で止めております。

こちらの枝は 日向水木といいまして中々 強い品種で

時期にもよりますが このままでも 意外に 咲いてくれます。

お花は 小ぶりな淡い黄色系の可愛らしいお花です。

ちなみに 撮影を 終えて お店にしばらく飾ってましたら

10日程で 満開に 咲いてくれました。

そして ここでは お正月のめでたい 紅白を 主にしていますから

 四角くカットして付けられてた 紅白の生地へ

ゴールド小判の形をしたオーナメント用紙を四角くカットし

紅白&ゴールドを 竹にぺタしてあります。

実は そのゴールドそこには百両と印刷されていました。

そして ビー玉的な和の陶丸と生薬として使われていた山帰来の実を

竹の中へ 入れて 健康第一と願い りんごを見て自然の実りを感じて頂き

和の暖かさを 感じて頂ければと 制作させて頂きました。

 

 f:id:bellerose-fleuristes:20180212001634j:plain

 

そして メインとなる竹アレンジメントには フランスパリで

人気の蘭をとりいれた顔に見えるバンダをメインにしてみました。

伊達政宗公は とてもオシャレで 京都の方々を

魅了した伝説の殿様ですから これでもかのオシャレは 必要です。

ここでは 伊達の8つの家紋の一つでもある竹も使っていますし

九曜紋を 感じさせる山帰来と竹の帯に使った 丸い菊花紋は

当時、伊達家では 使い分けていたと聞きました。

そして 松竹でシンプルにまとめて 下へは 伊達イズムが広がっていく

ようにの願いをこめて種となる松ぼっくりを 横へ添えております。

ここでのポイントは 江戸時代を感じさせる江戸っ子な絵画2種類を

小さく数枚 印刷しまして 1個の竹に 4枚カードのように帯にさして

オシャレイズムを 体感できるようにしました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180212004705p:plain

 

そして こちらの作風ですが サイコロ型の和心な御もてなしを

制作させて頂きました。

こちらの場所は 伊達政宗公に縁のある伊達家御用蔵、勝山酒造の

真向かいにあります勝山館にて 撮影をしました。

こちらの和のアレンジメントの特徴は 遊び感覚のサイコロを連想した

クリアボックスを使いました。ボックスは コの字形になっていまして

コとコが繋がって四角くなる仕組みになっております。

ですから 和の5種類の折り紙をカットしてボックスにはり

そこの中には 北海道産の白花豆と椿をセットし

伊達男ですから 美男葛(びなんかずら)と水仙をセット。

水仙は 仙台の仙つながりです。そこへ一番高くセットした

若松(黒松)があります。松は 神様を迎える最高の木と

聞いたことがありますし 空海が開いた密教高野山でも

松を 飾っている光景を見たことありました。

 そしてサイコロは あえて8個用意しました。

八は字の如く 末広がりで縁起が良いものですから そうしております。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218214236p:plain

 写真家 / 茅原田哲郎氏

 

 そして最後にこちらは 当時、僕がレッスンを受けた時に

使った花材で トライした作風を 小雑誌に 使わせて頂きました。

石の位置が チューリップに沿える予定でしたが

急いで撮影していたら ちょっと間違えてしまいました。(汗)

 

花材は チューリップと水木に 椿とゴムの葉1枚と石と剣山。

剣山を 隠す裏技に 切ったゴムの葉を使用してます。

ゴムがない時には 変わりに クロトンの葉でも対応可能だが

やはりゴムの葉は一番で これを越える花材はないとか。

( 松田隆作先生の経験から繰る出されたお言葉 )。

 

花屋にとっては スペシャルな答えをいっている大サービスの僕です。

この当時は 修行をかねて1年間。1ヶ月に1回2作品を制作。

福島県 二本松市 花のチカミ 近美 豪人氏主催の

トップフローリストの勉強会に 参加させて頂いていた頃の作風です。

彼は 日本生花商組合全国大会 優勝、2006年JFTDジャパンカップ準優勝

からはじめ 当時から数え切れない程の賞の持ち主でもあり

月刊フローリストに 出てくる東北のお弟子さん沢山いらっしゃいますし

また松田隆作先生へ 師事していながらも 謙虚でいて尊敬できる方です。

僕みたいな 好き勝手な理論でいどむと 大変な事になりますから

近見氏のお言葉ひとつひとつを 即、メモをとり 少でも僕の引き出しに

つながればと 頑張っていた 時期でもありました。

僕は 大会に出たこともなく そこそこ売れるお店が 震災以前までありましたから

何故、皆さん熱くなって大会に出て 賞をとる事が

目的なのかと 感じていましたが 今となっては 大切な事だなと 感じております。

失敗を 恐れず大会に 参加する花屋さんのメンバーは

 毎度、目が ギラギラしていて ボクシングの試合でも

出るのではと思うほど、花レッスンは 活気にあふれてました。

 

最近、仙台のサンフェスタ内で 近美さんと会って少々お話しをしました。

近美氏の回答は 飯坂君は 1を10まで引っ張るよねと 言われてしまいました。

これって  近美流の褒め言葉なのですよ。

相手の良い所を ぽんと言ってくれる 僕の大先生なのです。

大先生だ!と言うと 飯坂君、盛りすぎと笑っていましたが

彼は 本当に 凄い お花の立役者です。

 

 

 花大会の 審査員やJFTD加盟店のトップフローリスト勉強会の

先生として 大活躍中の近美 豪人氏のデモです。

何気に 制作してますが めちゃ上手いです。

どちらかと言うと いけばな理論に近い部分はありますし

剣山苦手な 僕には とにかく 勉強になります。

近美氏の一言は 意図のある作風を 作る事、

また 日頃の訓練が 一番大切だとか 。

 

皆様、ご覧頂き 誠に ありがとう ございました。

 明日は ロイヤルパークホテル仙台へ 納品をした

前撮り用・ブーケ を掲載します。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

セントジェームスクラブ迎賓館仙台

f:id:bellerose-fleuristes:20180211160213j:plain

 

2008年度、12月14日  セントジェームスクラブ迎賓館仙台

旧名(仙台ホテルへ)持ち込みをしました振袖のブーケです。

 

ラインを生かす為に リボン等は 一切、使用しておりません。

 また カラーは長いものを1本のみワイヤーを中に通しております。

そのカラーを基に 他のカラーは 手で優しく癖を付けてから

どんどん追加して イタリア産・ラフィアで結んで行きます。

 

シンプルブーケですが カラーラインが 飽きがこないように

どこから見ても 美しいを 意識して制作しました。

 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180211160423j:plain

 

こちらは ブートニア&ヘッドになってます。

 

花材は クリスタルブラッシュ・スイトピー・マジックモーメントダリア・
    ロジータヘンデ&ハイアンドエレガンス・エンジェルフェザーシンビ・
     ピンポンマム・ポリポジューム・ホワイトリップスアイビー

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219213620j:plain

 

ちなみに 振袖は こちらになります。

 

 ホテルスタッフの皆さん

このスタイルは 初めて見たとかで 評判は 抜群でした。

 

 振袖の画像を みますと中央が濃いイメージでだんだんとん抜けて行く

柔らかいイメージがありましたらか ブーケの中央に濃い色を持っていき

先に行くに連れて抜けていくグラデーションを確保しております。

白色を 選んだことで すっと うまく抜けてくれたと感じますから

淡いピンクでなくて 良かったと感じております。

 

明日は フリーペーパー雑誌、はなの駅からより

伊達政宗公をイメージした 竹アレンジトなどのお話しをします。

  

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

春便り

f:id:bellerose-fleuristes:20180211143137j:plain

 

昨日は 春を感じる 子供達へのコサージュ特集でしたが

今日は フリーペーパー小雑誌 2009年5月号 はなの駅から Vol.22 より

 ページの初めには 春の各種ブーケから お彼岸用花・

胡蝶蘭・生産者様の声などの企画が 満載で

最後には 母の日のアレンジが特集が 組まれていました。

 その特集のひとつを 担当させて頂きました。

僕的には ちょっと変わった風な デザインを作りました。 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180211143209j:plain

サイズ幅25㌢×高さ40㌢


アレンジメントの説明をしますと中央は3種類のバラを使ったメリアで構成し

グリーンの真ん中には 女峰の苺とセネギレラを丸い球体になるように

意識し制作で ガラスの中はフレッシュなバラの花びらを使って

囲むように 一枚一枚重ねていき 根の部分もメリア状に 致しました。

(八重咲きみたいに重ねる事を花屋用語でメリアと言います。)

フラワーメリア - Google 検索


花材は タージマハルバラ・エキサイチェングバラ・

    ライトグリーンセネギレラ・グリーンセネギレラ・

    女峰苺・グリーンネックレス・シュリバーダンバラ。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180218211820j:plain


 そしてもう一品は 春花の根を見せた

春の球根アレンジメントを作成しました。

水仙やヒヤシンスの鉢物を入手し綺麗に 解いてから洗ってグラスに配置。

おしくもこの時は ムスカリだけ球根がなかったので

急遽、ミニグラスでまとめてざっくりとさした形にしております。

シンプルですが球根類は まとめても愛称は良いようです。

   

 明日は セントジェームスクラブ迎賓館仙台へ

納品をしました 振袖ブーケのお話しです。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。  

 

Children Corsage

f:id:bellerose-fleuristes:20180213223905j:plain

 

2010年の春にフリーペーパー小雑誌 はなの駅からより

昨日、掲載しましたマリリンモンローのコサージュ番外編でしたが

今日は 春を 感じるお花で 制作しました 子供達用の生花コサージュ編です。

こちらは 小学生の入学式・卒業式・結婚式等のコサージュをイメージ。

コサージュ裏には 安全ピンが付いておりますので 簡単に 取り付け可能です。

ヘッド(右)にも 裏にヘアピンが付いており 好きな部分にセット出来ます。

 

花材は アップスターチューリップ・スキミア・宿根スイトピー・

海外産の紫陽花・ミスカンサス・ビーズ&ハートオーナメントなど

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180213223741j:plain

 

こちらは フレッシュを感じるスタイルに する事で

男女・中高生へ対応可能のスタイルに制作しております。

女性には ヘッド(右)もセットです。

ちなみに 花材は ドライレモン・レモン色バラ・ミモザアカシア・グリーンベル・

つぶすと レモンの香りがする青モジ・オーニソガラム・ダスティーミラー・

ライムアイビー・パセリ・スケルトンリーフ・四葉のクローバーオーナメント。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180213230224j:plain
f:id:bellerose-fleuristes:20180213230051j:plain

 

こちらは お父さんお母さんに 対応で

子供達の入学式や卒業式に 付けていけれるコサージュを提案しました。

ちなみに 裏には ダブルのピンにて 止められますので 動かず納まります。

 

花材は コチョウランイングリッシュローズ トロワラス・

フリージア・フレジス ラナンキュラス・マリモガーベラ・

チランドシア・レックスベコニア・黒蝶ダリア・ユーカリなど。


3月は 卒業式、4月は 入学式です。

近くのお花屋さんへ 是非とも ご検討を

 

皆様、ご覧頂き 誠に ありがとう ございます。

明日は フリーペーパー 2009年5月号 はなの駅から Vol.22 に

掲載しました 変わった作風のアレンジメントを公開します。

是非とも ベルローズ ブログへ 遊びに 来て下さい^

  

にほんブログ村 花・園芸ブログ ブライダルフラワーへ

ブログ村に参加しております。

皆様のお気持ち一票を 宜しくお願い致します。