bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

浮力な ピンキー

f:id:bellerose-fleuristes:20180203142858j:plain

 

リゾート風・レストランウエディングのつづき ゲスト様席編。

 ゲスト様の席には 受け皿的なガラス器の上に丸い器のガラスを配置、

その中へ空中に5センチ程、浮かぶように

裏技を仕掛け円柱グラスをセットしております。

 

よく見ますと丸グラスの中に 花びらが浮かんでおります。

そして一番上の円柱グラスの中にも 円を描きながら花びらが浮かんでおります。

何故あえてグラスに水を入れ 浮かばせておるのかといいますと

ここはリゾート風レストランですから水なのです。

やはり海を連想します水を ゲスト様席に多少でも植えつけてみたいからです。

だからと言って 貝殻とか南国風な花などを使ってしまったら

リゾート目的の装花になりますから ここは 水だけで訴えかけております。

ただ水を入れただけでは この小さなアレンジの空間では解りづらいものですから

花びらを適度に浮かばせて 水が入っていたのかと確認できるようにしております。

また ナイトになりますと透明なグラスが引き起こす目の錯覚で

上記のお花が浮いているかのようにみえて来ます。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180203142810j:plain

 

そして丸グラスへ配置してあるピンクアレンジと同じものを

左右へ配置し 紫陽花の花のおこぼれを ほんのちょっとだけにしてます。

何故かと言いますと 上には花びらによっての水の存在価値を

アピールしているものですから 下へ同じように使いますと

全てが繋がりすぎて 上の水に目線がいかなくなるからです。 

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180203142750j:plain

 

そして小さなグラスに入っている ピンキーなアレンジメントは

披露宴パーティー後、全てゲスト様のお持ち帰り用にかわります。

その事を考慮し適度な大きさに制作し即、自宅に飾れる

アレンジメントとしております。

制作のポイントを説明しますと ピンク色のオアシスを綺麗に丸くカットし

プラカップにいれます。そのプラカップを円柱の丸グラスに入れて

制作しているものですから 小さなグラスの中にも 花びらを浮かばせる

事が出来たのです。それにより2段の水が入る事に繋がりました。

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180203175301j:plain

 

リゾート風レストランが ナイトを迎える準備段階の16時頃風景。

僕も そろそろ100以上のキャンドルに

火を灯し始めようかの考えているところの画像。

 

 明日は 水辺が見えている場所、水の浮力で作りだされる水辺の塔 を掲載します。

  

いつも ブログへ遊びに来て頂き 感謝 致しております。

ポチっ  ありがとうございます。

   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ