bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

前撮り用・ブーケ

f:id:bellerose-fleuristes:20180214163224j:plain

 

2014年4月17日 Sendai Royal park hotel へ納品をしたブーケです。

ネイビーカラーのドレス用に ぱっと目に飛び込んでくるスタイルになりました。

新婦様の身長を生かして 直径25cmになってまして 大きめに制作です。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162653j:plain

 

こちらは ヘッドで なるべく多めに制作をし あまるくらいに 気配りをしています。

髪の片面に 固めますからこれでも 多いくらいではあります。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162736j:plain

 

こちらは 新郎様のブートニア、僕の得意技、ヘアクリップ・オーナメント付き。f:id:bellerose-fleuristes:20180214162834j:plain

 

こちらは お店で撮影しております。

撮影のポイントは 太陽の光が差し込むように南向きに

白いガラスを おいて固定。

次に 手前に ブーケをおいて 普通に撮影しているだけです。

ガラスは 昭和の頃はどこの家庭でも良く見かけれてた 薄いガラスなのです。

f:id:bellerose-fleuristes:20180214162928j:plain

 

 こちらは ブーケの横顔です。

扇子が190度、開いたような制作をしてますから

両手が見えないようになっております。

手が見えないようにの制作は 20年前くらいはよくしておりました。

花のスタイルにもよりますが 仮に手がみえても 全体的なイメージが

綺麗ならば 良しとしています。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180214165627j:plain

 

また 日本人が 好きなブーケの色は ピンク系が主に人気が高いようです。

フランスパリでは 披露宴のブーケで ワイルド的な

ブラック&白を使った 丸くないブーケも時に 見受けられます。

基本的には 花嫁様が持つブーケは 可愛らしくが無難かと感じますが

時代 時代で お花のデザインも移り変わりますから絶対とは

言い切れないかもしれません。

 

 f:id:bellerose-fleuristes:20180214165826j:plain

 

また カトリックやキリストの教会で

挙式の場合には 美しい装花よりは 絶対ブーケが一番といいます。

装花よりも 何よりもブーケが一番大事ですからと 教会の方から教えられました。

ちなみにですが 教会での挙式の場合には 白が基本で

色を使ったとしても淡いブルーくらいで止めなさいと

とも 教えられております。

 ロイヤルパークホテル仙台階段よりの撮影でした。

 

明日は 昨年3月の卒業式で制作をした

中学校の先生方へのプレゼントを 掲載します。

 

いつも ブログへ遊びに来て頂き 感謝 致しております。

ポチっ  ありがとうございます。

   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ