bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

巻かれたもの

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203033j:plain

 

2010年4月中旬に 制作をした

日本フラワーデザイナー協会(NFD)の応用編。

仙台市内にあります FREAK ART フラワーデザインスクールの

田宮先生より 教えて頂いたものです。

 

当時レッスンをしました 巻かれたも の画像は

ありますが NFDの生徒様と変わりのない花材を

使って 制作しておりますので かぶりますから ここでは控えます。

 

どうして 巻かれたものを制作したかというと

当時、担当してました フリーペーパー雑誌に

NFD理論を取り得れた作風を 掲載する事、出来ないかと

考えていたら無性に 何故か 巻かれたものを 制作してみたくなって

田宮先生に 1 day レッスンを受けたのでした。

せっかくですから4作品を 勉強させて頂きました。

NO.1 並行ー植生的

NO.2 巻かれたもの

NO.3 交差

NO.4 構造的・ブーケ

この中で さすがに1回でのマスターは 無理と思ったのは 交差でした。

理論的には 理解 出来ましたが 制作は とても難しかったです。

でも 田宮先生は テキパキと 制作してましたから

どれだけ勉強して ここまで来たのかと 当時は 圧巻でみておりました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219202922j:plain

 

1回目の巻かれたものは NFDの指定の花材で しっかりしたスタイルを

制作しましたから 2回目のチャレンジとしては

僕の好き勝手な 判断ではありましたが キュウイのツルを7割型程、白く塗り。

そのツルを 2日程乾かしてから花材選びをしました。

花市場で 花材を 探しておりましたら鉢物のパフィオがありました。

パフィオの根が 白色のキュウイのツルに似ていたので

それを 使おうと思いました。そこに ライトなイメージの

クリスマスローズ・パンジー・スカビオサなどで 構成をしてみました。

  

f:id:bellerose-fleuristes:20180219205050j:plain

 

サイズ幅40㌢×高さ20㌢

 ホワイトオアシスは 画像では解りづらいですが

中心部分を半円形的にくり抜いて立体感をプラスしておりますが

白ですから 画像では 全く見えないですね。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203121j:plain

 

そして フリーペーパーの企画は 母の日のテーマとの事で

今回は こちらを撮影用に 持っていったものの

テーマ的に 難しいと判断され別に 制作していました

紫陽花とカーネーションの茎を見せたアレンジメントが

採用されてしまいました。

しかしながら 僕は 断然! 作風的には

こっちの方が 大好きですから今回、ブログへ掲載させて頂きました。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180219203055j:plain

 

 8年位前の制作ですが 今見ても古さを感じないので 良しとしておきます。

今の僕でしたら 曲線の薔薇を 使って大きな作品を

制作するかもしれません。

 

本日も ご覧頂き ありがとう ございました。

明日は  Tears Drop bouquet を掲載します。

 

いつも ブログへ遊びに来て頂き 感謝 致しております。

ポチっ  ありがとうございます。

   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ