bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

MIDORI & HITOMI 目のようなブーケ

f:id:bellerose-fleuristes:20180225133228j:plain

 

こちらは 2007年度に フレンチレストランへ納品した

レストランウエディング用のクラッチ・ブーケットです。

フレンチレストラン内は ブラウンを基調とした店内で

ピアノがおいてあり当時では 最高にイケテいて素敵なところでした。

とにかく新婦様は 緑色のお花が大好きとかでしたから

その時に ありました花材を 集めてみました。

題名は 緑の瞳

緑色の目に 見えますのでそうつけました。

 

花材は グリーンスパイクガーベラ・ミニスカートガーベラ・バイモユリ・

               ピンポンピュアグリーン・サンデリアーナ・ユリ・
    スキミア・ラグラス・菜の花・シルバーバーゼリア。

 

 当時は 他にはない変わったスタイルを気にしていましたから

フラワーデザインの掟破りなことばかりしていたと 感じます。

今から25年くらい前のことですが 残念ながら名前を

忘れてしまいましたが アメリカから来た フラワーアーティストさん

のデモに参加し 勉強させて頂いた事があります。

その時の講義内容は アレンジメントの葉を使う時に

仮に 葉っぱの裏を見せた作風を作ったとしても ノーではないから

大丈夫と教えられた 記憶が あります。

その影響が大きくて 変わった作風のアレンジメントを

この頃はとくに 作成しつづけたと思います。

 

 明日は ひな祭りですからひなまつりにちなんだ

掟破りのアレンジメントを掲載いたします。

見て頂き ありがとう ございました。

 

いつも ブログへ遊びに来て頂き 感謝 致しております。

ポチっ  ありがとうございます。

   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ