bellerose fleuristes

実は 熱い花屋の物語

お供え アレンジメント

f:id:bellerose-fleuristes:20180310005953p:plain

 

 東日本大震災から 7年が経ちました。

被害に遭われた方々に 謹んで お見舞い申し上げます。

 

当店は 塩釜の港町、海に近いところでお店を構え販売しております。

 ときに 津波で お子様をなくされた女性のお客様がご来店されます。

僕は 少しでも 心の傷を癒す手助けが出来ればとおもい

花に想いを込めて制作をしながら お話しをじっくり伺うものの

いまだ 癒えない 心の傷の深さを 痛感しております。

 今後も 永く 見守らせていただく 次第でございます。

 

f:id:bellerose-fleuristes:20180310010057p:plain


こちらは 2014年の11月2日、クロネコヤマト便にて

県外へ発送しました お供え アレンジメントになります。

 以前までの当店は 箱の大きさに問わず 発送料金は

東北六県・関東・信越などは500円で 承っていたのですが

皆さん ご存知の方多いと思いますが 全国の運送会社様の

価格設定が 随分 変わってしまいました。

この時は 大きく制作しましたので1600円程の発送料金となりました。

でも 小さく制作よりは大きい方が 素敵だなと感じておりますので

あらかじめ お客様に1500~2000円くらいと

言っており ご了承を 頂いてから制作をしております。

ちなみにですが 箱代は 何とか頑張ってサービスさせて 頂いております。

箱は 大きさにもよりますが 350~1200円程度かかってしまい

これをプラスで 考えますとちょっと抵抗を感じてしまいますから

ここは お花に 加算せず サービスです。

 

アレンジメントのサイズは 高さ60センチ × 幅46センチ

 

花材は 白胡蝶蘭2本・白デンファレ10本・白トルコキキョウ10本・

    白レースフラワー10本・白スプレーストック5本・アイビー25本

 

 昨日は ざわざわ感のあるお話しで 失礼しました。

今日は 芸術にかかわっている方のお話しをしたいと思います。

こちらは 僕が中学の頃の 思い出話です。

 

中学校の同級生の S君は アニメを描く事が 抜群に上手で

絶対に 漫画家に なれるよと僕は 言っておりました。

その S君は 中学一年でプロ的なアニメを描いておりました、

その絵を学校へ持って来ては チラリみせるか みせないか

チラリ。。。見せてよと言うと 見せない。。。

見たくない時に みせる。。。そして 物静かなシャイの彼が

何を おもったのか。。。アニメを描く仲間のカンちゃんへ

突然、おそいかかり 喧嘩がはじまります?

やられたカンちゃんは 意味が解らず泣き出します。。。

その光景を見ていた僕も 喧嘩に巻き込まれそうになり

とにかく冷や汗。。。慌てて 冷や汗。。。

 

 現在、実際に 彼は 漫画家として 某月刊誌に 連載中です。

栴檀は 双葉より芳しといいますが

芸術に 携わるひとには 変人・短気・情熱家様々なタイプが多いと感じます。

 

その彼が 去年 何十年かぶりに 東京から 宮城に来る機会があり

僕のお店に 会いに来てくれました。

飯坂君 飲みに行こうと誘われたので

僕は 喜んでいいよと 伝えたのですが

いつ 飲みにいくのかは お互いに 話はせず そこで話は 終了。

そして 細かい約束をしてませんので

今度なのかなと 思っており 暫くスルーでした。

その10日後 あたりに メールが 来ました。

東京に 帰ってきたと 言っておりました。

おそらく 僕のお店に 来たその日に 僕から連絡が 来るのを

待っていたと思います。

これは お互いに 飲みに 行こうといったものの

お互いが お互いに 電話を待っていたということになります。

ですから いつまでたっても 飲みにいける はずがありません。

 

結局、メールでは 今度こそ 飲みに行こうのお話しになりましたが

お互いに ちゃんとした 日付を 言っていませんから どうなることやらです。        

明日は 持てるようにのアレンジメントを 掲載します。

本日も 見て 頂き 誠に ありがとう ございました。

 

いつも ブログへ 遊びに 来て頂き 感謝致しております。

ポチっ  ありがとうございます。

   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ